高度なコード品質を実現する
次世代の開発環境へ

CloneTrackerは、コピペコードを単に検出するだけではなく、過去・現在・未来にわたってコピペコードを管理することで、システムの保守性を大幅に向上するアプリです。
実行はユーザ自身のコンピュータで行われ、ソースコードを外部に送信することはありません。

無料で試す

オンラインセミナー開催!

コピペコード管理ツール「CloneTracker」のオンラインセミナーを開催いたします!
コピペコードの変更忘れによるバグの未然防止、類似する関数などの検索、コピペされたロジックや前処理の変更忘れの確認、関数の共通化などの工数削減にお困りの方、ぜひご参加下さい!

詳細はこちら

デモリクエスト受付中!

製品デモのお申込は、以下のフォームで承っております。必要事項をご記入の上、ご送信ください。

詳細はこちら

「コピペが絡み合ったスパゲッティコード、仕様変更は次から次へと入ってくる。
リファクタリングしたいがそんな時間もない。」

そんなあなたのためにCloneTrackerを作りました。

製品の特徴

過去の修正履歴を追跡できます

コピペの修正を過去から未来までトラッキングします

「コピペして、修正して、動作させる」が基本のコピペコード。なかなか探し出せないコピペコードもCloneTrackerなら独自のアルゴリズムで探し出します。誰も気づいていない忘れ去られたコピペコードまで、CloneTrackerなら容易に管理できます。

注意が必要なコピペを見分けます

注意が必要なコピペを見分けます

ソースコードの変更履歴から、バグの温床となりうる要注意コピペコードを検出して管理することができます。

修正漏れを防止します

修正漏れを防止します

仕様変更等でコードに変更が入った場合、同一のコピペコードが存在し同様の変更が入ってない場合にはCloneTrackerが教えてくれます。

新しいコピペコードを見つけます

新しいコピペコードを見つけます

プロジェクトに新しいコピペコードが生成されると、CloneTrackerが知らせてくれます。

解析対象言語

解析対象言語

C, C++, C#, Java, Pythonに対応しています。JavaScript, TypeScript, PHP, VB.net, Rust はβ版として管理と追跡ができます。

セキュリティも安心

セキュリティも安心

トラッキング処理はインストールされたPC内で動作しますので、ソースコードが外部に送信されることはありません。

全く新しいコピペコード管理ツール

CloneTrackerは、他の静的コード解析とは違いコピペコード(クローンコード)解析に特化し、コピペコードを単に検出するだけではなく、 過去・現在・未来にわたって管理することで、システムの保守性を向上するアプリケーションです。

日本ソフトウェア科学会
第40回大会

2023年9月12日(火)~9月14日(木)、東京大学 本郷キャンパスにて開催された日本ソフトウェア科学会第40回大会において「実務で使われるコードクローン検出・追跡システムをめざして」と題して発表してきました。
講演論文とその様子をぜひご覧ください。

論文:『実務で使われるコードクローン検出・追跡システムをめざして』
三木 聡 大歳 始 浅原 明広 大澤 俊晴 千葉 滋

価格

プロジェクトメンバー全員で使用しても11,000円/月(税込)

(1ライセンス/1プロジェクト/月)

CloneTracker
プロジェクトメンバー全員で使用しても
11,000円税込
(1ライセンス/1プロジェクト/月)

契約プラン
【キャンペーン適用価格】初回1年:99,000円(税込)
1年:132,000円(税込)
6ヶ月:66,000円(税込)
アカデミック1年:無料
お支払い方法
請求書払い

お問い合わせ

ご不明な点があればこちらのメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。